院長のコラム

女性の天敵!! 夏冷え対策

新宿Sクリニック院長佐々木伊津美です。

 

暑い日が続きますね。

冷たい飲み物、冷たい食事、冷房のきいた部屋、など

女性はだんだん“夏冷え”が気になってきます。

 

夏冷え

女性は男性に比べて脂肪が多く、筋肉が少ないので冷え易いのです。

 

“夏冷え”が気になってきたらどうしたらよいでしょうか?

冷房対策

首にスカーフを巻いたり、靴下を履く

温めるポイントは「お腹」「首」「足首」です。

 

自宅に帰ったら、お風呂で体を温めるのがいいですが

もし、夏は暑くて湯船につかるのが苦手なら、足の温冷浴をオススメ。

温湯と冷水、交互に足を入れるだけ!

温度調節にかかわる自律神経の働きが悪くなって、冷えを引き起こしている人が多い為、足の温冷浴は、自律神経をトレーニングし、熱を作りやすい体に導きます。

 

適度な運動

筋肉を動かすと血液やリンパの流れが良くなり足先の冷えやムクミが解消できます。

 

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、足まで行った血液を心臓に戻すポンプの役割があります。運動でふくらはぎの筋肉を動かすと、ポンプ作用がはたらいて下半身の血液循環がよくなり、リンパ管の流れもよくなるため、むくみの改善につながります。また、運動を継続的に行うと、下半身に筋肉がついて代謝がよくなり、冷えやむくみが起りにくくなります。

 

入浴

1日1回は湯船にしっかり浸かり身体を芯から温めましょう

 

食事

温かい飲み物、温かい食事を摂るように心かけましょう!

・塩辛いもの
・寒い、涼しい土地、気候にとれるもの
・かたいもの、水分の少ないもの
・地下でまっすぐ下にのびる植物
・煮るのに時間のかかるもの
・熱するとむしろ硬くなるもの
特に!!
・しょうが
・ね ぎ
・にんにく
・梅干黒焼き 等

かぜの時に効くとされているものです。

温めて飲むほうがより効果があるそうです。

 

それでもなかなか冷えが取れない…

そんな時は!!

血流の流れを良くして深部体温を上げてくれるインディバを試してみるものよいかも

インディバ

 

インディバとは…?

インディバの熱エネルギーは「ジュール熱」とよばれるもので、高周波が体内に透過し、体内の細胞内の分子を振動させ、その摩擦でうまれる自分自身の体内温熱で体内の熱を通常の3~5℃、部位によっては7℃まで上昇させることができ、体を芯から暖めることができます
これは有酸素運動の約5倍にもなる温熱効果です。温まった体の熱は半日程度持続するため、施術終了後にも新陳代謝が高まりじっくり体質改善が行われるのです。
その結果、インディバ ボディは、痩身やボディラインを綺麗にするだけでなく、痩せやすい体になるほか、アンチエイジング、冷え性、肩こり、むくみ、セルライトなどの改善など様々な効果が期待できます

 

是非!夏冷え対策にインディバをo(^▽^)o

インディバ特別体験価格

通常¥14,000⇒コラム特別体験価格60分¥4,200

 

新宿Sクリニックのサイトを広める