ドクターズライン べルミスモ

ベルミスモ商品化ストーリー

Q1. ベルミスモの歴史を教えてください。
 
製品化を始めたのは2004年頃になります。
すでに15年以上の歴史があり、多くの⽅にご満⾜いただいてきました。
Q2. なぜ、ベルミスモを製品化したのですか︖
 
クリニックが開院したころに国外のハイドロキノン、トレチノインを
使ってみたところ⼤変な反応(⽪むけ、腫れ、ひりつき、⾚みなど)が出て、

そうなるとは聞いていましたが化粧も出来ないくらいに⾟かったです。
しかし、これが化粧品と医薬品の違いと思い頑張って2か⽉ほど使い続けたところ、

ピカピカの肌に変化しました。
こんなに素晴らしい結果が出るのならトラブル反応を抑えたものが出来たなら、

きっと沢⼭の肌⽼化で悩んでいる⼈たちが喜んで頂けるのではないかと着⼿しました。
Q3. どんな⼈のために作ったのですか︖
 
ニキビ、ニキビ跡、しわ、⽑⽳の開き、ハリの無くなった肌など、肌のことで悩んでいる⼈、全てです。
Q4. こだわりを教えてください。
 
肌浸透を良くするため、トラブル反応を少なくするために基材の中⾝にこだわりました。
美肌温泉⽔、ピクノジェノール(*)をベースにしています。
*ピクノジェノール︓フランス産松樹⽪の抽出エキスで、ビタミンCの数⼗倍の抗酸化作⽤。
Q5. 製品化する上で最も⼤変だったことはなんですか︖
 
ハイドロキノン、トレチノインとの相性が良い基材のバランスです。
⼥性が肌に何か付ける時のテクスチャーはとても⼤切です。
なめらかに、いかに素早く浸透し、べたつかず、肌にツヤベールを出すこと。
また、ハイドロキノンは臭いにクセがあります。⼥性は⾹りも気分をupさせるために⼤切なので、⾊々と試した結果、天然のカサブランカの⾹りになったのです。
Q6. 類似商品との違いは何ですか︖
 
基材の中⾝、バランスです。
これによって副作⽤を抑え、より安⼼してご使⽤いただける内容になっています。
Q7. ⽉1万円くらいかかると聞いたのですが、その価値はありますか︖
 
例えばトーニングレーザーは⽉2回で約1万5千円〜2万円はかかります。
きっと他のメニューはもっとかかるでしょう。
当院の外⽤薬は総合治療が出来るとても便利なものです。
Q8. 使⽤開始後のサポートはどうなっていますか︖
 
⼀般的に個⼈輸⼊やクリニックの処⽅でしか⼿に⼊らないものですから、

効果はありますが反応を⾒ながら調節が必要となり化粧品を使うようには使えません。
当院では使⽤説明から、安定した結果が出るまで専任のDrʼsコスメアドバイザーが懇切丁寧に使い⽅をサポートしていきます。
Q9. その他読んで下さった⽅に伝えたいことはありますか︖
 
⼥性は誰でも⽣涯美しくありたいと思っているはずです。
何もしなければ⾃然な⽼化は訪れます。
⻑年放置した⽼化を改善するためには、途⽅もないお⾦がかかります。
毎⽇、少しずつ肌全体を若かりしころの⽔々しい、ハリのある肌に戻し、⽼化のスピードを遅くすることが出来れば、きっと毎⽇鏡を⾒る顔が笑顔になるでしょう。
皆様の笑顔のために⼼を込めて作った、Drʼsコスメです。

新宿Sクリニックのサイトを広める